ホンネおしゃべり

【家電は心配ない?】家具の固定だけじゃない『耐震で忘れてはならないこと』

こんにちは!

『一級建築士』おしゃべり建築士です!

今回の記事では、もっとも簡単にできる地震対策である家具の固定についてお話ししていきます。

地震被害の大半は家具や建物による圧死

まず何よりも知ってもらいたい情報は、大地震での負傷者の半数が家具、家電の倒壊や移動によって発生するということです。

住宅を地震に強い構造にすることや、耐震リフォームによって強固にすることは、我々建築業界に身を置くものの使命といっても過言ではないと思います。

しかし、住宅がいくら強固であっても、このような家具、家電を固定することの重要さをしっかりと認識していない住まい手がいることによって、痛ましい事故が発生してしまいます。

今一度、身の回りを見渡してみて、家の中は本当に安全であるか確認してみましょう。

固定していない家具、家電は、暴れます

地震の際、建物に固定されていない家具や家電は、想像以上にあちこちに暴れまわります。

昔からタンスなどの大きな家財道具の固定化には警鐘が鳴らされているため、意識してチェーンや専用の金具を取り付けている家を、訪問先でよく見かけるようになってきました。

※まだ家具の固定をしていないよ。という方は、近所の工務店やホームセンター、市役所に相談をしてみましょう。

市役所で固定の補助を設けている場合や、近所の工務店が安価な価格で家具の固定を行ってくれるケースあります。

要注意なのは家電

さて、ここでひとつ大事なお話をします。

家具の固定を済ました方や、そもそも新築の際にクローゼットを作ったから転倒の恐れのある家具が、家の中にないから安心だと思っているアナタ。

実は家具よりも危険なのが『家電製品』です。

家具よりもコンパクトにもかかわらず、重さがあり、しかもそれなりに高い位置に配置されていませんか?

冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器、テレビなどなど

地震が来た際にどこかへ飛んでいきませんか?

家具や住宅の耐震にしっかり気をつけている人でも、意外に家電には無頓着なケースがあります。

電化製品は安易に釘で固定したりできませんので、耐震化が悩ましいところですが、ワイヤーチェーンなどを絡めるような工夫だけでも安心感が全然違いますので是非取り組みを検討してみてください。

耐震とは少し話が変わりますが

耐震や安全とは少し話が変わりますが、家電の固定について、災害時の危険防止以外に役目があることをご紹介します。

それは、家電の破損を防いでくれることです。

例えば、耐震固定がされていないテレビは、万一の地震時にテレビボードから転がり落ちて、ガラスをまき散らしながら破損します。

ケガを負うことがなかったとしても、テレビ代の出費はかなり懐を痛めそうではないですか?

高価な家電の破損を防ぐためにも、家電の耐震固定化はオススメです。

さいごに

耐震固定化って地味にダサいです。(もちろん見た目の話です)

チャラチャラした鎖やパッとしない金具など、なんとも取り付ける気が滅入る気持ちもわかります。

でも見た目だけがすべてですか?

あなたを含め家族という、大事な方を守る行動をおすすめします。

さあ!すぐに耐震対策を!!!!

ABOUT ME
osyaberi
もともと住宅がすきで建築の世界へ。 在学中リフォームの奥ゆかしさを知り、ベンチャーリフォーム会社へ。 トップ営業マンかつ建築士として活躍していたが、何となく飽きてしまい 建築材料を極めようと材料卸へ! そこそこ活躍できるようになったところで、退職し一級建築士として様々なアドバイザー活動を継続中