未分類

GoogleHomeを活用した、住宅のスマートホーム化【家電編】

こんにちは!『一級建築士』おしゃべり建築士です!

今回は徐々に世間に浸透中?スマートホームについて紹介していきます!

これから新築やリフォーム、持ち家や賃貸にかかわらず、誰でも取り組めて、便利な生活を手に入れることができますので、みなさんぜひご覧ください!

スマートホームとは

スマートホームとは、日本語に直訳すると『賢い家』ということ。

大げさにイメージを説明すると、どこかのSF映画であるような家にAI(人工知能)が搭載されていて、住人が電気をつける指示をしたり、エアコンの温度を変えてもらったりみたいな感じです。

実際の住宅をスマートホーム化すると、住人が帰宅する時間を覚えてエアコンを付けたり、外出先から家電を操作したり等、いまより一歩SFチックで便利で省エネな住宅とすることができます。

GoogleHomeとは?

グーグルホームとは、Googleが作ったスマートスピーカーです。

スマートスピーカーとは以下のとおり

モノとモノはインターネットで繋がっていきます。

「スマートスピーカー」とは人の音声や言語を認識してAIが質問やお願いに応えるインターネット接続されたスピーカーのこと。

様々なモノとモノがインターネットを通じて繋がり、情報交換をする「IoT家電」。管理を一元化できたり、より便利な生活を提供してくれるようになりました。

ビックカメラ.conより

らしいです。

私の認識としては、【Googleの声でものを操作する装置】という感じです。

非常にわかりやすい動画が公式でありますので、見てみてください。

百聞は一見に如かず。

こんな生活が待っています

動画でありましたが、スマートスピーカーで便利になる生活を紹介していきます!

照明のオンオフ

専用の照明器具が必要になりますが、照明のオンオフを音声で操作できます。寝室に設置すれば地味に便利。もうスイッチ操作やリモコンを探す手間はいりません!

テレビの操作

テレビの操作もクロームキャストという専用の機器を取り付けることで、音声による捜査が可能になります。

照明以上に音声操作が地味に便利です。

照明のスイッチのように固定スイッチがないので、便利に感じるのかもしれません。

寝るときめっちゃ便利です。

スマホを鳴らす

あれ?スマホどこいった?

こんなことよくあると思います。

そんな時は、GoogleHomeにスマホを鳴らしてもらいましょう。

くだらない?いやいや地味に便利なんですよ!

そのほかにも

ほかにもいろんな機能がありますのでダイジェストで紹介します。

・カレンダーアプリと連携させて予定の確認

・天気の確認

・目的地までの経路を確認

・時間の確認

合言葉はオッケーグーグル

これらの操作を行うための合言葉は『オッケーグーグル』です。

テレビなどのCMで聞いたことある人も多いのではないでしょうか?

ぜひみなさんの家でもオッケーグーグルを合言葉にして、便利な生活をしていきましょう。

ABOUT ME
osyaberi
もともと住宅がすきで建築の世界へ。 在学中リフォームの奥ゆかしさを知り、ベンチャーリフォーム会社へ。 トップ営業マンかつ建築士として活躍していたが、何となく飽きてしまい 建築材料を極めようと材料卸へ! そこそこ活躍できるようになったところで、退職し一級建築士として様々なアドバイザー活動を継続中