雑記

インターネットの回線速度の目安

住宅用のインターネットの固定回線っていろんな種類がありすぎて、どれを選べばいいのかわからない。

そんなお悩みをお持ちの方の手助けになるような内容となっています。

これからインターネットの契約を考えている方、すでに契約済みのインターネットの変更を検討されている方は、ぜひ一読ください。

私は一級建築士として数多くの住宅建設に携わってきた実績と、

お金が大好きでファイナンシャルプランナーとしても活動をしている住宅&お金のプロです。

住宅用インターネットの固定回線の種類

住宅のインターネットの固定回線は、大きく分けて3つに分類されます。

まず最初に契約の種類を確認していきましょう。

ケーブルテレビ

各地域に点在するテレビ事業者であるケーブルテレビのインターネット回線です。

テレビの視聴をケーブルテレビ契約でされている方も多いのではないでしょうか。

ケーブルテレビでもネット回線の提供サービスを行っており、非常に安価なプランがあることが特徴です。

安価なプランは4Mbpsなどの非常に低速なプランですが、お値段が月額2000円程度と非常にリーズナブルです。

ただし、通信速度が速いものになると非常に割高となりますので、注意が必要です。

通信速度目安は1Mbps〜300Mbps

ADSL

全国展開している大手通信事業者のネットサービスです。

昔はネット回線の主流でしたが、将来的にサービスの廃止の流れがあり、最近ではあまり

見かけなくなりました。おそらくこれからの契約において、候補に挙がることはないでしょう。

通信速度目安は1Mbps〜50Mbps

光回線

近年流行りの光通信を用いたインターネット回線です。

光ファイバーを用いた通信を行うことで、非常に通信速度が速いという特徴があります。

お値段は月額4000〜5000円程度とそれなりの金額となります。

自宅でインターネット回線を全く使用しないのに光通信を契約している方がいますが、非常にもったいないので契約見直しをおすすめします。

通信速度目安は1Gbps〜2Gbps

通信速度の単位について

インターネットの通信速度はMbpsやGbpsという単位を使用します。

頭のMやGはデータ容量のメガ、ギガを指しています。ちなみに1Gは1024Mです。

後半のbpsは正しくはb/sで表されバイトパーセカンドと呼びます。

1秒間にどれくらいの通信速度が発揮されるかを示しており、数字が大きいほど通信速度が速いことを示します。

つまり光通信はADSLの20倍高速通信ができるということですね!

使用環境に応じた必要通信速度

契約に応じた速度をざっとみてきたところで、実際自分にどれくらいの通信速度が必要かを確認していきましょう。

家でのネットはあまり使用していない方

ご自宅でネット通信をあまり使用しない方は、ケーブルテレビ最安値の1Mbpプランで十分でしょう。

というか固定回線がいらない可能性もあります。これに当てはまる方は、一度見直しの検討価値ありです。

ネットサーフィンやスマホのWi−Fiに利用している方

PCでネットサーフィンやスマホを接続している方は10Mbpsくらいの速度があれば、ストレスなく使用できる範囲かと思います。このくらいの速度であれば、ケーブルテレビと光回線の両方が候補となりますので、一度見積もりをしてみるのがいいでしょう。

家ではyoutube垂れ流しのネットヘビーユーザーの方

動画をストレスなく視聴するには20Mbps以上はほしいところです。

迷わず光通信を選びましょう。

ちなみに4K動画をストレスなく視聴するには40Mbpsくらいはほしいところです。

さいごに

いかがでしたか?

以外に家のネット回線って宝の持ち腐れ状態の方が多いです。

ご自身のインターネットとの付き合い方を一度見つめなおし、不要な契約をしているようであれば変更してしまいましょう。

ケーブルテレビは割高だから契約しないほうがいい!

という方もいますが私は、低速で満足だけどインターネットの固定回線は必要という方には最適解だと思いますので、 参考にしていただけると嬉しいです。

ABOUT ME
osyaberi
もともと住宅がすきで建築の世界へ。 在学中リフォームの奥ゆかしさを知り、ベンチャーリフォーム会社へ。 トップ営業マンかつ建築士として活躍していたが、何となく飽きてしまい 建築材料を極めようと材料卸へ! そこそこ活躍できるようになったところで、退職し一級建築士として様々なアドバイザー活動を継続中