リフォーム

キッチンリフォームについて

こんにちは。おしゃべり建築士です。

本日はキッチンのリフォームにいて発信していきたいと思います。

キッチンリフォームを考えるきっかけ

水栓(蛇口)の水漏れ、コンロの故障、リビングの工事と合わせてなど、急を要しない場合が多いかと思います。

キッチンの種類、特徴

キッチンにはシンクからコンロまで天板が一枚で繋がったシステムキッチンと昔ながらのシンク、コンロ、作業台がバラバラに独立したセットキッチンに大別されます。
セットキッチンは水栓やガスの元口が壁についているなどちょっとした特徴があります。
お値段はシステムキッチンの方が基本は高価となります。

キッチンリフォームの価格

キッチンリフォームは普及品レベルで概ね60〜100万円が目安です。
お手入れのしやすい換気扇、高性能のコンロ、収納扉の材質、キッチンの骨組みの素材などにより価格が変動します。

キッチンリフォームの流れ

まず形を検討しましょう。壁付けのストレートタイプにするか、L型にするか。最近の流行りのリビングを見渡せる対面式もいいですね。キッチンのリフォームは形だけでなく、キッチンの場所を変えることもできるんです。
キッチンの移設には床の施工が一部必要になりますが、床の補修後、安価な薄い床材(2.5ミリ厚)を施工することで違和感なくステキなキッチンを作ることができます。
さて、キッチンの形が決まったらつぎは、キッチンの色、ガスコンロにするかIHクッキングヒーターにするか、換気扇はどんなものにするか検討していきます。

キッチンリフォームのコツ

キッチンリフォームのコツはいいものを選びすぎてはいけません。まずはリフォーム屋さんにメーカー推奨の標準的なプランを作ってもらいましょう。金額や工事金額に納得がいけば実物を見る前に契約をするのがいいと思います。契約前に実物を見ると、どんどん欲が出て、とても予算に収まりきらない金額となってしまい思い通りのリフォームができなくなってしまうからです。

では、契約を済ませたらメーカーのショールームで契約内容のキッチンを案内してもらいましょう。今の契約からいくらの金額アップで上位機種のコンロや換気扇に交換できますよ。と色々案内してくれます。
金額に見合う価値があるな!と思ったら部品を変更し追加分の契約を結べば予算を考慮しながらグッドリフォームができるはずです。

さいごに

キッチンのリフォームには合わせてキッチンボードという清掃性にすぐれた壁材の工事もしてもらいましょう。タイル貼りのキッチン壁の場合、汚れが落ちず工事後に後悔するケースが多いです。
また、よほどこだわりがない限り、メーカー標準品のグレードのキッチンがいいと思います。
最近は安かろう悪かろうの商品は淘汰されてきており、安くていいもの。高くてすごくいいものの2択となっています。
キッチンをすごく高価なものにするよりも出来ればその予算をキッチンの照明の交換や壁紙の張り替え、床の樹脂タイルの上貼りなど他のところに使ってあげた方が、リフォームしてよかったと思えると思います。

ABOUT ME
osyaberi
もともと住宅がすきで建築の世界へ。 在学中リフォームの奥ゆかしさを知り、ベンチャーリフォーム会社へ。 トップ営業マンかつ建築士として活躍していたが、何となく飽きてしまい 建築材料を極めようと材料卸へ! そこそこ活躍できるようになったところで、退職し一級建築士として様々なアドバイザー活動を継続中