新築

住宅の候補地の建築条件付きとは?

こんにちは!おしゃべり建築士です!

住宅候補地を探す中で『建築条件つき』という文言を見たことあるひとも多いのではないでしょうか?

今回の記事ではこの条件について解説していきます。

建築条件付きとは

建築条件とはどのような条件なのでしょうか。

この条件、具体的には『いつまでに』『土地の売り主指定の建築会社で家を建てるとこ』の2つが条件として土地を買うことができる土地のことです。

建築条件つきの土地のメリット

建築条件つきの土地は、条件がついている分、近隣の類似地よりも安価で手に入れれることがあります。

また、土地の販売者と住宅建築会社の連携が密であることが多く、スムーズな住宅計画に移ることができます。

建築条件付きの土地のデメリット

建築会社が決まっているので、知人の建築士に依頼したい場合や、お気に入りの工務店やハウスメーカーがある場合でも決まった建築会社で住宅を建てなければいけません。

また、建築期限が決まっている場合ゆっくり吟味して計画を練ることができません。ゆっくり展示場を回って住宅のイメージを固めたい方は時間が足りないでしょう。

さいごに

ちなみに私は建築条件付き。というか開発などで新たに作られた住宅地はおすすめしていません。

また別の機会に紹介しますが、土地の弱い場所であったり、水害などが考慮されていない場合などマイナス面が多いように感じます。

ハウスメーカーや不動産屋さんとしっかり打ち合わせを行い土地は決めてほしいものです。

ABOUT ME
osyaberi
もともと住宅がすきで建築の世界へ。 在学中リフォームの奥ゆかしさを知り、ベンチャーリフォーム会社へ。 トップ営業マンかつ建築士として活躍していたが、何となく飽きてしまい 建築材料を極めようと材料卸へ! そこそこ活躍できるようになったところで、退職し一級建築士として様々なアドバイザー活動を継続中