リフォーム

玄関ドアのリフォームについて

こんにちは!おしゃべり建築士です。

今回は《実は簡単》玄関ドアの交換工事について、紹介していきます。

玄関ドアの交換

玄関ドアの交換ってとても大変な工事のイメージがありませんか?

既存のドアを取り外して、枠を撤去して、新品のドア取り付け後には、外壁の補修や室内の壁の補修…うーん。他にも、玄関タイルの補修もありそうですね。

でも大丈夫です。

簡単な方法があるんです!

その名も『カバー工法』!

カバー工法とは

今あるドアの枠の上から新たな枠を取り付けることで、周りに一切影響を与えず、パッと玄関ドアが新品に変わります。

上から被せると言っても、その家専用の被せ材料を工場で制作してから、運ばれてきますので、雑な感じや、やっつけ感は全くありません!

費用はどのくらい?

玄関ドアの交換費用は上記で述べた『カバー工法』で30万円~が標準的な工事費用になります。

ドアの種類、グレードによって異なりますので、リフォーム業者に相談をオススメします。

工事の期間について

玄関ドアの交換工事はカバー工法の場合、

『1日』で完了します。

枠ごとの交換であればもっと施工日数がかかりますが、

カバー工法の最大のメリットはこの工事日数だと思います。

玄関ドア交換のメリット

綺麗になる

玄関ドアを交換した場合、最大のメリットは、玄関が見違えるように綺麗になります。当たり前の回答ですが、家の『顔』である玄関が綺麗になると見違えるほど住宅の雰囲気は変わります!

断熱性能向上

次に最近の玄関ドアは非常に『断熱性能に優れています』

今まで、玄関ドアから流出していた熱気(熱の損失)が少なくなることにより、

クーラーの効きが良くなり、その持続時間が長くなります。

…つまり光熱費が安くなります!

※室内の熱は玄関ドアだけでなく窓、壁からも流出していますので、

一概に光熱費が安くなるとは言えませんが、

非常に大きな光熱費削減の効果を発揮します!!!

さいごに

玄関ドアの交換は難しい工事ではありません。

1日で完了し、断熱(光熱費削減)にも非常に大きな効果をもたらす工事です。

光熱費がどれほど安くなるか。ということは簡単に答えられることではありませんが、業者さんに一度相談する価値はあるかと思います!

この記事が皆様にとって役立つことを願っています。

ABOUT ME
osyaberi
もともと住宅がすきで建築の世界へ。 在学中リフォームの奥ゆかしさを知り、ベンチャーリフォーム会社へ。 トップ営業マンかつ建築士として活躍していたが、何となく飽きてしまい 建築材料を極めようと材料卸へ! そこそこ活躍できるようになったところで、退職し一級建築士として様々なアドバイザー活動を継続中