ホンネおしゃべり

飛び込みのリフォーム営業が来たら。

こんにちは!おしゃべり建築士です!

リフォームに限らず、突然家のチャイムが鳴って営業マンが…という経験をされたことがある方って多いんじゃないでしょうか?

今回はその中でも飛び込み営業のリフォームについてお話ししていきます。

飛び込みにいい業者は(ほぼ)いません

飛び込み営業をしているような業者にいい工事をしてくれるところは、ほぼないと考えてください。

そもそもいい工事をする業者は、口コミや紹介で常時仕事が潤沢にあるところが多く、飛び込みをすることは、まずありません。

飛び込み営業が多いリフォーム工事

一括りにリフォームの飛び込み営業といってもその工事にはある一定の法則があります。

飛び込み営業の取り扱い商品は一般的に外壁塗装や屋根工事、太陽光発電などの外観にかかわる工事がほとんどです。

理由として、住居人が普段見ることもなく、知識が乏しく、雨漏りに直結しそうな箇所だからそさこそ、工事の必要性を必要以上に煽りやすく実際に契約に結びやすいためです。

飛び込み業者の声のかけかた

飛び込みで家のインターホンを鳴らす業者の多くは、屋根、外壁工事の業者です。

よくある声のかけ方はだいたい決まっています。

【 近所で工事をしていて劣化が気になった 】

【 近所で工事をするので、足場などを流用して安く工事ができる 】

こんな言葉を聞いたことがある方もいるかもしれません。

飛び込み営業がきたらどうするか

あなたの家に飛び込み営業がきたら、家の実情を確認しましょう。

業者が写真を撮ってみせてくれたり、状況を説明してくれるはずです。

そしてまずは業者さんにはお引き取り頂きましょう。

工事を勧めたり、契約をほのめかされたりしますが一旦落ち着く時間を確保しましょう。

なかなか引き下がらない(帰らない)業者もいますが、決して契約せず帰ってもらいましょう。

知人や家族に電話をするなどして、一旦断るのがいいでしょう。

工事はした方がいいの?

はっきり言いますが飛び込み営業に目をつけられるくらいなので、なにかしらの手を加える必要がある状況だと思ってください。

電話帳やインターネットで信頼に足りそうな業者数社に声をかけて見積もりを取り、アドバイスを求めましょう。

さいごに

いかがでしたか?

実際わたし自身も飛び込み営業の経験はありますが、まず現状を説明し、不安をあおるのがテクニックです。

決してその場で決めることなく時間を置いて、どうしていくのかきちんと検討するようにしましょう。

ABOUT ME
osyaberi
もともと住宅がすきで建築の世界へ。 在学中リフォームの奥ゆかしさを知り、ベンチャーリフォーム会社へ。 トップ営業マンかつ建築士として活躍していたが、何となく飽きてしまい 建築材料を極めようと材料卸へ! そこそこ活躍できるようになったところで、退職し一級建築士として様々なアドバイザー活動を継続中