リフォーム

【ガス給湯器の号数とは】ガス給湯器の給湯能力と必要能力の考え方

こんにちは!おしゃべりを建築士です!

住宅用ガス給湯器には、どのメーカーの商品でも、16号・20号・24号と3つの給湯能力の種類があります。

今回の記事では、この『号数』についてお話していきます。

これから新築住宅やリフォームを検討されている方は、どのくらいの能力が必要なのでしょうか。

また賃貸住宅や中古住宅では、すでに給湯器がついていることが多いですが、どれくらいの能力を持っているのでしょうか。

同時給湯能力を示すための『号数』

ガス給湯器には給湯能力を示す号数という値が与えられています。

お湯を瞬間的に作り出し給湯する仕組みのガス給湯器ならではの値です。

この号数は、その給湯器が1分間にどのくらいのお湯を作り出し、給湯することができるかを示します。

つまり16号では、16リットル/分、

24号なら24リットル/分 のお湯を同時に給湯できるということです。

※電気式給湯器(エコキュート)は、お湯を溜めておく貯湯タンクを使用していますので、この号数という値は使われません。

号数の意味(学術的な細かな話)

この号数はその給湯器が常温の水温+25度のお湯を1分間に何リットル給湯できるか?を値にしたものです。

ここで注意したいのは能力の表し方が、常温の水+25度という点です。

夏場と冬場では水温がかなり違いますので、給湯能力が大きく変わるということを覚えておき..おかなくても大丈夫ですね!笑

身近な給湯量

給湯器の能力(同時に使用できる湯量)が号数で表せるのはいいとして、実際に、キッチンやお風呂ではどれくらいのお湯を使うのでしょうか

シャワー

一般的な浴室のシャワー1分間12リットルのお湯が使われます。

節水型のシャワーヘッドを利用することで、使用量は少なくなります。

キッチンやお風呂、洗面台の水栓

一般的な水栓(蛇口)では1分間10リットル前後のお湯が使われます。

同時に使用する可能性を考える

平均的な水栓の湯の使用量を紹介しましたが、給湯器の大きさは、シャワーとキッチン水栓などの給湯機器を同時に使うかどうかを目安に計画すればいいですね!

例えば、奥さんがキッチンでお湯を使って洗い物をしているとき(10ℓ)、お風呂でシャワーを使う(12ℓ)ような生活が考えられる場合は大きめの給湯器を選択してあげましょう。

たとえば24号給湯器ですね。

さいごに

給湯器の能力についてご理解いただけましたか?

給湯器の能力は水温によって変化するため検討が容易ではありませんが、お湯の不足などないように考えたいですね!

ちなみにガスの供給管の太さにより、24号に必要なガスの供給ができないケースも稀にあります。

専門の業者にしっかり見てもらうようにしましょう!

※たまにガス管のことを知らない素人業者もいますので、太さは大丈夫かな?と聞いみましょう。

ABOUT ME
osyaberi
もともと住宅がすきで建築の世界へ。 在学中リフォームの奥ゆかしさを知り、ベンチャーリフォーム会社へ。 トップ営業マンかつ建築士として活躍していたが、何となく飽きてしまい 建築材料を極めようと材料卸へ! そこそこ活躍できるようになったところで、退職し一級建築士として様々なアドバイザー活動を継続中