住宅管理

地震・台風のあとの点検について

こんにちは!おしゃべり建築士です!

今回の記事では地震や台風後の住宅点検についてお話していきます。

長期優良住宅の認定を受けている住宅では、一定規模以上の地震、台風ののち業者による点検が行われるケースもありますが、自己チェックを行う場合、どのようなことを確認していくのかを見ていきましょう。

地震、台風により家が破損していないか


地震や台風の外力を受けることで、住宅がダメージを受けていないかを点検しましょう。

点検箇所は外部を中心に外壁、屋根、サッシ、雨樋など簡単に目視できるところだけでも十分です。

万が一、破損個所を発見した場合には、業者さんに相談をするなど早急に対応する必要があります。

点検箇所と注意点


では実際、どこをどのように点検していけばいいのでしょうか。
部位ごとに簡易チェックの方法を見ていきましょう。


屋根

屋根は地震、台風による剥離や破損、落下の有無を確認します。

屋根の上に登って確認することが確実ですが、簡単ではありませんし、危険も伴いますので離れた位置からや2階などの窓から確認できる範囲でかまいません。

外観の目視だけでなく小屋裏点検口から天井裏の雨漏りの有無も一緒に確認できればなおいいです。

外壁

外壁も屋根同様に破損、落下を確認します。
家の周りをぐるりと見て回ればOKです。

サッシ

サッシの点検はひび割れなどの破損の点検を行います。

窓やガラスに被害はなくても飛来物の衝突などで雨戸にダメージがある場合もありますので雨戸もしっかりとチェックしましょう。

雨樋

雨樋も破損の有無を確認します。

台風のあとの雨樋は落ち葉が詰まってあふれてしまうトラブルも多発しますので、可能であれば、ホースで水をかけて問題なく流れているか確認してあげましょう。

破損が発見された場合

点検により破損が発見された場合、ただちに業者へ相談するようにしましょう。

地震や台風に起因する破損は放置すると雨漏りの原因となることが多く、構造体の腐朽など住宅に多大なダメージを与えてしまいます。

ただし、火災保険による保証がある場合もありますので、工事の依頼は慎重に行いましょう。

火災保険が使用できる場合あります。

地震や台風によって住宅に被害が生じた場合、契約している火災保険によっては保険金の支給が見込める場合があります。

業者との契約前に相談する必要がある場合もありますので、
かならず保険内容を確認し、コールセンターなどへ事前相談を行いましょう。

さいごに

いかがでしたか?

実際地震、台風の後点検を実施されていない方がほとんどかと思われます。

マイホームを守るのは自分自身です。

被害を大きくしないためにも、かならず点検を行う習慣をもってほしいものです。

ABOUT ME
osyaberi
もともと住宅がすきで建築の世界へ。 在学中リフォームの奥ゆかしさを知り、ベンチャーリフォーム会社へ。 トップ営業マンかつ建築士として活躍していたが、何となく飽きてしまい 建築材料を極めようと材料卸へ! そこそこ活躍できるようになったところで、退職し一級建築士として様々なアドバイザー活動を継続中