リフォーム

窓のリフォームを考える

こんにちは!おしゃべり建築士です。

今回はタイトルの通り『窓のリフォーム』について、考えていきたいと思います。

窓のリフォームってどんなもの?

窓のリフォームって、どんなことをイメージしますか?

窓ごと取り替えますか?

ガラスを交換しますか?

内窓の取り付けでしょうか?

どれも立派な窓のリフォームです。

それぞれの窓のリフォームの効果や費用、

デメリットについておしゃべりしていきます。

窓の構造について

窓の種類についてですが、まず窓は大きく『ガラス』と『枠』によって作られています。

この2つの組合せで能力や金額が異なることを始めに説明しておきます。

ガラスはただの板ガラス、熱を反射するフィルムが貼られたガラス(low-Eガラス)などがあります。

low-Eガラス(ロウイーガラス)は、夏に外部からの熱を室内に入れないもの。冬に室内の熱を外に逃さないもの。などがあります。

窓の枠については、昔ながらのアルミ製、アルミと樹脂のハイブリッド製、樹脂製などがあります。

金属は熱を伝えやすく、樹脂は伝えにくいことから樹脂の使用が多いほど、室内の熱が外部に逃げにくく、断熱性性能に優れたものとなります。

まとめ

性能低:アルミ製のただの板ガラス

性能高:樹脂製のlow-Eガラス

また、最近はガラスが二重になったペアガラスが主流になっており、ガラスとガラスの間に空気層があることで、より高い断熱性能をもっています。

窓の交換

窓のリフォームで最も大変なものが、この『窓の交換』です。

今ある窓を解体して、新しい枠を取り付けるための下枠を取り付けて、新しい窓を取り付ける工事になります。

さきほど上げた3つの窓リフォームのなかでま、値段がもっとも高く、工事期間も長くなります。この原因として、工事の範囲が窓周りの室内の壁紙や屋外の外壁にまで至ることが上げられます。一つの窓の交換だけで何業種もの職人の手が必要となりますので、そりゃ高くもなりますよね。

先に述べた取り付ける窓の能力によって、断熱性などが大きく変化します。

ガラスの交換

ガラスの交換は簡単に行える工事ですが、もともとの枠がそのまま残るため、断熱性能の向上は期待できません。

窓をペアガラスにする方法もありますが、窓の開閉に支障をきたしたり、枠からの熱の逃げが相変わらず多いことから、僕はオススメしていません。ほぼ意味のないリフォームと言い切ってもいいでしょう。

内窓の取り付け

もっとも簡単な工事であり、効果も期待できるのがこの『内窓の取り付け』です。

もともとの窓をそのまま残し、窓の室内側の枠にもう一つ窓を取り付ける工事です。

窓の開け閉めが不便になるといったデメリットはあるものの、窓と窓の間に空気の層ができること、内側に新たに取り付ける窓として樹脂窓が選択肢となることから断熱性、遮音性に優れています。

また、今ある窓枠にピッタリのものを工場で製作してくることから、工事は2時間前後とあっという間に完了します。

さいごに

どうでしたか?

たかが窓。されど窓。

窓一つで光熱費が大きく変わると言っても過言ではありません。

家の熱のほとんどは、窓から逃げてしまっているのです!

この機会に家の『窓』見直してみてはいかがでしょうか?

ABOUT ME
osyaberi
もともと住宅がすきで建築の世界へ。 在学中リフォームの奥ゆかしさを知り、ベンチャーリフォーム会社へ。 トップ営業マンかつ建築士として活躍していたが、何となく飽きてしまい 建築材料を極めようと材料卸へ! そこそこ活躍できるようになったところで、退職し一級建築士として様々なアドバイザー活動を継続中